ここに在る風景

川の隣に暮らして10年
きれいとはお世辞にもいえない川


台風が直撃する日などは
恐ろしくて眠ることさえあきらめて
2階の窓際から ふえてゆく水嵩を
ただただ傍観することしか できなかった


冬の始まりの早い朝は 
真っ白で大きな海鳥が飛来し 川面すれすれに飛行する
そのあまりの速さと勢いのよさに 寒さも忘れ いつもいつも目を奪われていた




あたらしい棲み家は街の中
海も川も山も緑ももちろん ない
窓から見えるのは いつまでも消えない人の作った無数の光


台風の去ったこんな夜
見晴らしのいいベランダにでて 真上の空をながめてみる
アリゾナやモロッコでみた星に とうていかなうはずなど ない



それでもじっとみつめていれば
月の隣の小さな星が ほんのり赤く きれいにみえた
[PR]
# by mignon51 | 2009-10-09 00:07

châtaigne addict

フランス・リヨンから友人Tomoが帰国。

手みやげには花や唇、ハートやボタンを形どった色とりどりの小さな砂糖と

本当は自分のために買った貴重な栗のリキュールを
「美味しかったから」とわざわざ小さなボトルにつめかえて持参

ただただ甘いだけでなく
固い固い栗の実が
じっくりゆっくり樽の中で熟成された
なんとも言えない深くて優しい味わい



自分で削ったというちょっと不格好なコルクの栓を眺めながら
Tomoらしいおみやげだな
と、今夜も一杯(だけ)やるのでした。


c0212911_1844550.jpg

[PR]
# by mignon51 | 2009-10-07 18:06 | addict

TV addict

秋晴れの日曜日

友人たちから体調不良を気遣っての電話やメールがいくつか
そして「調子がよければ食事でも」と

仕事もそうだけれど スケジュールってどうして同じ日に重なるのだろう
リヨンからやっと帰ってきた友人はまたの機会

約束の時間は7時30分
華麗なる三銃士(!?)たちとの本当に久しぶりの夕食
彼等にとってはまだまだ夕方くらいの感覚だろうに
ワタシの体を気遣ってアポイントをとってくれて どうもありがとう

待ち合わせまでにはまだまだ時間が
平和なお休みの昼下がり
実はワタシ 誰もが驚くテレビ好き
もちろん四六時中ONしているわけでも 番組チェックをするわけでもないけれど
本当に暇な時 テレビをただただ流しているのがけっこう好き
こちらの趣味趣向おかまいなしに流れてくる情報が
かなりおもしろかったり おもしろくなかったり

今日の収穫は天才2人
アメリカ人ダンサー/コレオグラファー(振付師)・JONTE
若きドイツ人F1レーサー・セバスチャンベッテル

どちらも踊りっぷりも 勝ちっぷりも 見ているほうまで気持ちがイイ

青空の中 マグナムボトルのシャンパンシャワー

さてさてワタシも体調と相談しながら
一杯いただきにまいりましょう


c0212911_17234647.jpg

[PR]
# by mignon51 | 2009-10-04 17:13

blog addict

連日某大学での撮影。次の仕事まで約3時間あいてしまいどう時間をつかおうか
この大学、敷地もかなり広く建築物もなかなか手を加え
さすが工業大学、未来をつるく若者たちの養成所
ロボットをつくっていたり、レーシングカーをつくっていたり
間違いなく近未来の匂い

5年間アメリカの某大学へ通っていた今回の敏腕Director K氏でさえ
「海外の学校ぽいよね」

緑いっぱいのキャンパスは
きっと若者達の眠っている想像力を知らず知らずのうちに刺激してるにちがいなく

あいにくの雨に加えてこの肌寒さ
普段ならテラスで時間をすごすだろうワタシも
愛車ピカソ君(別名トラックン)の後ろの席で
飛行機の座席についているようなプラスチックの机の上に
PC広げてネット上をふらふらしながら待機中

雨にぬれる緑いっぱいの木々
色とりどりの傘をさし自由にキャンパスを闊歩する学生達
そんな姿を眺めながら
自分も何かをはじめたくて
思わずあたらしいブログをはじめてしまう

自由に勉強、自由に創造
学生気分はコレから、コレから


c0212911_1540546.jpg

[PR]
# by mignon51 | 2009-09-30 15:41