<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

on the sea shore


c0212911_15195943.jpg


PM4:05, 2011






2001年から
自然を取り込み作品が激変。


それ以来、
いやいや子供の頃から自然はずっと大切なともだちだったのに
今回の地震以来
海も川も山も
そして先日のスーパームーンは
益々意地悪な存在にしか思えず
眺めることを拒絶。




それでも今日
庭にでて 満開に咲く紅梅をみて
その美しさとかわいらしさに胸をしめつけられる始末。



結局
季節はいつもと同じように
うつってゆくんだね。

でも
ワタシたちの内なるナニかは
確実にいままでとは
ちがうよね。




久しぶりの日本での展覧会、
京都と東京でします。
詳しくはまた。




あぁ、そう!大事なコト。
やっとやっと個人からも被災地へ支援物資を送ることができるようになりましたね。
詳しくは愛知県のHPをリンクしますので確認してください


現地で仕分け等ご迷惑がかからぬよう、必要品目や仕様は限定され
受付日は3月28日月曜迄となっています。


受取場所は津島市では県民センター。
ワタシのアトリエのある機石荘のすぐご近所。
アトリエを共にするttrwのtetsurrow氏、そして機石荘スタッフと共に
必要項目の1つである「カップめん(お湯をそそぐタイプ)」を
お送りすることにしました。


「1品目をダンボールに隙間なくつめる」という条件がありますので
もし「私・僕・オレのカップめんも一緒につめて!」という方は

今週土曜日4時頃までに機石荘まで元気な顔みせがてら来てください。
4時30分にダンボールに封をして、県民センターに持ち込みます。



ワタシは1時から機石荘にいます。
[PR]
by mignon51 | 2011-03-24 16:14 | one day

step by step






c0212911_21425496.jpg


AM11:28, March 13, 2011






胸がしめつけられる

情報がはいるたびに
胸がしめつけられる思いでこの身が占領されてしまいそうです。

被災され今なお苦しい時をすごされている方々へお見舞いの気持ちを胸にし
そして、
被害にあわれた方々へ哀悼の気持ちを強く胸にし
被災していないワタシは
恐怖心に負けずに自分にできること やるべきことをおしすすめてゆこうと思います。




さて、
15年ほど様々なビジュアル(写真・映像・アート・広告・ドキュメンタリー・エディトリアル)
の仕事にどっぷりつかってきましたが
ワタシ個人の経験ですが
映像というものは脳裏に焼きつくことがあります。
ショッキングな映像は特に。

情報を入手すること、事実を知ることは間違いなく非常に大切なことです。
しかしあまりに悲惨なもの、ショックの大きい同じ映像を何度も繰り返し見ることは
被害にあっていなくても相当な影響を心的にも与えるようです。

明日からBShiでは一般放送に戻るようです。
他番組はわかりません。
映像の与える影響を、とくに小さなお子さんをお持ちの方は
心のどこかにとめておいてください。



明日からまた仕事がはじまります(って、ワタシは今朝から撮影でした)。




一歩 一歩。
[PR]
by mignon51 | 2011-03-13 22:27 | one day