<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Dusty Mirror








c0212911_333585.jpg


First snow
[PR]
by mignon51 | 2009-12-20 03:06

a score







c0212911_1324747.jpg

[PR]
by mignon51 | 2009-12-17 13:24 | Ciel

Château Puget FRANCE 2

11月29日のブログで大きなパエジェーラ(パエリア鍋)の写真をアップしたところ
「ホントにパエリアつくってた?いったいどうなってるの???」
と何人かの方から聞かれました。
確かに、手長海老とムールの数が尋常じゃないですよネ。
でも、お皿にとるとこんな感じ。
とっても美味しい本場のパエリアでした。




c0212911_0155287.jpg

[PR]
by mignon51 | 2009-12-15 00:17 | Exhibition

Gift from Grand Dad


高校生の時に母から譲りうけたIWCのリストウオッチ。

スクエアーの研ぎ澄まされた文字盤の上に清楚に輝く2本の繊細な針。
それを覆う微妙なカーブを描いたガラス。
腕にしなるようによりそうブレスレットのようなリストバンド。
シンプルなその絶妙なバランスのデザインは
簡素という意味あいよりも 
『エレガントな』という贅沢な形容詞をまとっている。
琴線にふれる美しいデザインを自分のモノとして所有した初めてのモノが 
母が高校生の時に、父、そうワタシの祖父からプレゼントされたこの時計でした。


2008年夏の終わりに出会った "Tetsurrow" というジュエリークリエーター。
その噂はもう15年以上前から友人や雑誌など
どこからともなく耳にはいりながらも
近くにいながらなぜか近寄るコトもなく しかし作品は遠巻きに見てきました。
メンズの高級シルバージュエリーが国内外でブームだった頃
彼の創り上げる世界はカリスマ的にとりあげられていました。


四季の移ろいを好むかのように
東京の混沌とした街のように
新しい建築物をつくりまた壊すかのように
ブームを作りあげ壊しまた新しいブームを作る。


昨夜時間をすごした
子供の頃からフランスで育ち現在日本在住のイタリア人との会話の中で
ヨーロッパの伝統はファミリーの中で培ってきた
という話題がのぼりました。
日本はどうやって伝統や文化を継承していくの?
それが彼の素朴な質問。



流行(英:fashion)を軽々と飛び超えるデザイン

Tetsurrowの現在のデザインの中には
そんな宝石の奥底から放たれる光の矢のようなラインを
感じる時がたびたびあります。




c0212911_0504185.jpg



Tetsurrow
Jewelry Creator
Exhibition Vol.2
12/1-12/15
l'heure du thé
[PR]
by mignon51 | 2009-12-12 01:07 | Snapping Portrait

HOLA!

この5年ほど、1年に2, 3回、会う友だちBOSCO。
いつも会うのは日本かスペインかドイツのどこかで。
会えばいつでも第一声は
「ビールいく?」


今年は彼が日本に長く滞在することもなく
ワタシも海外に滞在することもなく
美味しいビールを一緒に飲むこともなく。


そんな彼から展覧会のお知らせが。
あぁ、コレは、バルセロナの彼のスタジオ。
すぐむかえにいいバーがあるんだよね。
この写真、カッコイイじゃない。
カッコイイからのせちゃいマス。





c0212911_23264110.jpg



BOSCO
10 DICIEMBRE
GALERIA ALVARO ALCAZAR
[PR]
by mignon51 | 2009-12-08 23:31 | Exhibition

a score







c0212911_22355288.jpg




12/05/09
16:00
[PR]
by mignon51 | 2009-12-05 22:37 | Ciel

no title








c0212911_2334825.jpg

[PR]
by mignon51 | 2009-12-04 23:36

from the deep blue world

けっこう、早起きなんです。火曜日の朝以外は。
理由は月曜深夜(火曜)1時40分からの海外ドラマ
『Dr. HOUSE』をどうしてもみたいのです。

そしてきのう、ピンポーン、とかすかに聞こえるドアベルが。
ごめんなさい、でれません、火曜日の朝ですから。

お昼家をでるところ、ドアにはさまる黄色い紙。
宅急便だったんだ。え、ナンだろう?で、ダレから?

『金子潤』!!!

早速電話。
「これから?無理ですねぇ。お帰りは?じゃあ8時すぎに伺います」
との返答。
それからの時間がなかなかすぎなくてやっと辺りが暗くなり。



受け取った袋はとっても重い。
封をあけると、JUNさんの作品集が3冊。
そのうち2冊は見たこともないもの。
すぐさまお礼をいいたくても
そう、ちょうど彼等は空の上。

なんともいえない気分で
遠い夜空をただただ眺めるのでした。





c0212911_10101539.jpg

[PR]
by mignon51 | 2009-12-02 10:13