カテゴリ:Oishii!( 1 )

あくぬき




のむことたべることは大好きなのですが
お料理をすることはあまり好きではなかったのです

しかし

自分でいうのもナンなんですが
「あれ?これ、私がつくったのよね?美味しいじゃない?」

なーんてことが、このところよくあるのよね(笑)



3月に初めて松山に仕事で出かけ
陶芸家さんのお宅で頂いた竹の子と山菜が本当に美味しくて美味しくて
台所へまで潜入にして作り方をちぇっくちぇっく。

なるほどなるほど
そーすると美味しいのね.........



c0212911_22254747.jpg


四国のお酒呑みがいっぱいあつまったせいか
お酒のあてにピッタリのお料理がテーブルにぎっしり。
これは帰ってからもつくってみたい!

と、善は急げまずは竹の子ごはんからつくってみました。



お恥ずかしい話の暴露となりますが
はて、買って来たばかりのこの大きな竹の子、どうしたものか?
嗚呼、現代社会って本当に便利。
ググればなんでもわかってしまう。


『米ぬか』をいれてぐつぐつあくぬき、
美味しいものをつくるって、手間がかかるのね.....................
これだけ手間をかけたのに、まずかったらどうしよう。
ああ、こわい、からいつもより丁寧につくりましたょ。


手間をかけたかいあって
なんとかやさしい味わいの美味しい竹の子ごはんができました。



一度こういう手間のかかったうえに成功を経験すると
また新しいことをやってみたくなる性分で
今回木曽へ行き、いろんな山菜を買ったり、採ったり、頂いたりして帰ってきました。


c0212911_22243869.jpg


「どうしても、おうちで美味しい山菜がたべたいの!」
とダダをこね
作り方を伝授いただき
早速おうちでさぁトライ!

こんど使うのは『灰』。
文字通り、これぞ本当の灰汁抜きだ。
一晩灰汁につけた蕨を何度も何度もきれいにあらい
教えてもらった秘密のレシピ水に一晩二晩つけこんで
日本酒にピッタリの箸休めの完成。いける!


まだまだ冷蔵庫には
蕨にこしあぶら、ふきによもぎ
食べきれないほどの山菜がいっぱい。


友人夫婦宅に
おそばと日本酒、いっぱいの山菜を持ち込んで
押し掛け天ぷらパーティー。



そうそう天ぷらを揚げる際
松山の台所で覚えてきた
「酒飲みの天ぷらには、ビールをいれる」
というセオリーをきっちりいかして美味し〜い山菜天ぷらができあがりました。




春の山の贈り物のおかげで
手間隙かける大切さと
そのあとのうれしさを
この歳になってはじめておぼえたのでした。




c0212911_22245153.jpg
日本酒:蔵本で調達した木曽谷の地酒中善酒造の中乗さん
純米吟醸無濾過生原酒・美山錦100 精米歩合55%



all the photos / iPhone


































[PR]
by mignon51 | 2014-06-06 22:58 | Oishii!