A bride of a photographer








c0212911_1345227.jpg

A bride of a photographer, July 15, 2011






日本人は『私小説』が好きな人種。

文学そして写真の世界でも
私小説を軸とした名作がたくさんあります。


写真界での有名所でいえば
やはり荒木経惟さん。


広告写真の師匠がもつ
オリジナル「センチメンタルな旅」(本人からのプレゼントらしいです)を手にした時は
紙の感じといい サイズといい
もちろんそこに写るヨーコさんといい
その活き活きとした生々しさに
生唾をのんだ覚えがあります。

(それ以降荒木さんの作品集を買いまくり見まくり
その後全てダンボールの中に封印しもう10年ぐらい?笑 )




さて、金曜日に結婚式を挙げた友人。
写真学校で2年間を共にし
暗室の中でグレーの出し方について下手クソだ!と言い合いしたり
批評会ではきっちり互いを批評をし合ったり

卒業後師匠のスタジオで一緒にアシスタントをしながら
時に無謀に(笑)叱られるのを一緒に我慢したり

今も大きな仕事を2人で割ふりし
互いに互いのパートをまかせながら
撮影したり。




学生時代
最初の批評会で見た作品
彼の妹への眼差しの優しさ

いまもその中の1枚のモノクロ写真を
ワタシはしっかりと覚えています。




結婚式のこの1枚。
ファインダーをのぞく彼。

彼がこの日
いったいどんな彼女の写真を撮ったのか。
気になって仕方ないのでした。



2人のあたらしい物語はこれから







PS: 結婚式の立会人、無事お仕事できました。
  式がはじまると同時にワタシ、もう泣きそうになっちゃって
  我慢するのが大変でした(^^;)






  
  
[PR]
by mignon51 | 2011-07-18 13:46 | Snapping Portrait
<< A moment with h... Wedding >>